ベン・ダイクスから日本の皆様へメッセージ

伝統占星術ワークショップ
このワークショップは伝統占星術の完璧なイントロダクションになるでしょう。伝統占星術はギリシャとローマで実践されたいましたが、ペルシャとアラビア、中世ヨーロッパでも実践されていました。この占星術はインドにも影響を与え、中国と日本でもいくらか知られていました。
今日では、さらに普及しつつあります。

ワークショップの初日では、チャート解釈の基本的な概念を学びます。良いハウスと悪いハウス、アンギュラーとケーデント(フォーリング)、セクト(昼のチャートか夜のチャートか)、ディグニティの使い方、惑星間の特別な配置、ハウスの解釈法です。

ワークショップの2日目と3日目では、予測技法を中心に扱います。予測技法のほとんどは現代占星術家にとって目新しいものになるでしょう。簡単な技法もありますが、複雑な技法もあります。伝統占星術での予測に関するアプローチ方法と考え方は(現代占星術とは)少し異なるものでした。特に「タイム・ロード(期間のロード)」の考えです。ほとんどの予測技法において、人生の一定期間を支配する特定の惑星やサインが使われます。そしてこれらのタイム・ロードは異なる技法で合わされます。まず第一に最も普及した技法は「プロフェクション」です。そこではチャートのそれぞれのハウスに人生の年数を割り当てます。次に2つのディレクションの方法、「ディストリビューション」とプライマリー・ディレクションを学びます。最後の技法はソーラー・リターン、つまりソーラー・レボリューションです。そこでは各年で新しいチャートを作りますが、それと出生図を比較し、またソーラー・リターンでプロフェクションとディレクションを使います。

4日目、5日目は、社会占星術の技法の大部分を学ぶことになるでしょう。この題材を体系づける方法は多くありますが、我々は牡羊座の入宮図でのいくつかの基本的な技法から始め、年間のロードを見つけます。天候予測、災害、伝染病、物価と市場に関して(いくつかのマンデーンのロットを使って)チャートを見ます。次に食(蝕)に関する大きな部分に着手します。最後に、ペルシャ形式な社会占星術を見ることになるでしょう。これには土星のトランジット、土星と木星のコンジャンクション、そして「トリプリシティの転換」、マンデーン・プロフェクションのような予測技法、さらに戦争についてのいくつかの考えが含まれるでしょう。

Workshop in Traditional Astrology
This workshop will be a complete introduction to traditional astrology, as it was practiced by the ancient Greeks and Romans, Persians and Arabs, and in Medieval Europe. This kind of astrology also influenced India, and was known by some in China and Japan. It is becoming more popular today!On our first day, we will learn basic concepts in chart interpretation: houses that are good and bad, being angular or cadent (or “falling”), sect (whether the chart is by day or night), how to use dignities, some special configurations between planets, and how to interpret a house.On days 2 and 3, we will focus on predictive techniques. Most of these will be new to modern astrologers, some are easier and some are more complicated. The way of approaching and thinking about prediction was a little different in traditional astrology, especially the idea of “time lords.” Most predictive techniques use special planets or signs which rule your life for certain periods, and these time lords are combined in different techniques.The first and most popular kind of technique is “profections,” in which we assign years of life to different houses of the chart. Then we will learn two ways of doing directions: “distributions,” and primary directions. Our last technique will be solar returns or solar revolutions, in which we cast a new chart each year, but we compare it to the natal chart and also use profections and directions in the solar return.”On days 4-5, we will learn most of the techniques of traditional mundane astrology. There are many ways to organize this material, but we will begin with some basic techniques in Aries ingress charts and finding the lord of the year, looking at charts for weather prediction, disasters, and epidemics, prices and markets (with some mundane Lots). Then we will begin a long section on eclipses. Finally, we will look at more Persian-style mundane astrology, which will include Saturn transits, Saturn-Jupiter conjunctions and “triplicity shifts,” predictive techniques like mundane profections, and some thoughts about war.” 

講師プロフィール
伝統占星術家、翻訳家。アメリカのイリノイ大学で哲学の博士号(Ph.D.)を所得。イリノイ、ミネソタの両大学で哲学を教える一方で、ロバート・ゾラーより中世占星術を学ぶ。アブー・マーシャル、グイド・ボナッティの著作の翻訳から始まり、ラテン語、アラビア語、ギリシャ語の数多くの占星術の古典的文献を翻訳する。また国際的に伝統占星術の講義を開催している